iPhoneでもテレビチューナー使えます

ガラゲー時代は当たり前のように搭載されていたテレビ機能(ワンセグ)。今ではiPhoneなどのスマートフォンが主流になっていますが、ガラゲーからiPhoneに買い替えた時にワンセグがついていないと気づいた人も多いのではないでしょうか。Youtubeなどの動画は専用アプリで見ることができますが、やはりリアルタイムで移動中でもテレビを見たいという時はあると思います。出かける前に見ていたテレビの続きを見たいけれど家を出ないといけない、スポーツの試合結果が気になる、生放送に間に合わないからスマホで今すぐ見たい!など、テレビが手元にあればいいのに・・・と思った事ありませんか?

スマートフォンでも、AndroidではサムスンやLGなどのグローバル端末は国内に出荷する際にテレビチューナーを搭載するのが一般的です。また、従来のワンセグに加えて12セグメントのフルセグ放送が視聴できる端末も増えてきています。

その中でiPhoneにはテレビ機能が搭載されていません。ただ、近年周辺機器などのアクセサリーが充実しているため、それらを使用すればiPhoneやiPadでもテレビが快適に楽しむことができます。

iPhoneでテレビを見る方法

iPhoneでテレビを見る方法は大きく分けて3つあります。「外付けチューナーを使用する」「BDレコーダーから事前に持ち出す」「家庭内機器から持ち出す」この3種類です。

外付けチューナーは最近ではフルセグ対応のものが増えてきています。iPhoneやiPadに直接装着するものやWifi接続で使うものなど様々です。どちらを使用するかは好みでいいと言えるでしょう。ただ、外付けチューナーはテレビ視聴に強いですが、iPhoneなど端末と一緒に持ち運ぶ必要があります。iPhoneからは充電することができないので、使用する前に充電しておかなければなりません。

そして通信量の問題もあります。動画はデータ容量が大きいため通信規制の対象になる危険性があります。どうしてもチューナーを使いたいならiPhone速度制限なしのWiFi回線を探すしかありません。あるいはワイマックス2+のようなモバイルデータ端末を使いましょう。

BDレコーダーに録画した動画をiPhoneやiPadに移して、外出先で見るという方法が2目です。これは、ライブ視聴はできませんが高画質で安定した映像を楽しむことができます。ただ、事前にiPhoneなどに転送しないといけないという手間がかかってしまいます。

今もっとも注目されているのが家庭内機器から配信する方法です。「エリアフリーTV」や著作権保護方式に対応した「DTCP+」を併用して、BDレコーダーからWifi接続などのインターネット経由でiPhoneなどにストリーミング配信して見る事ができます。家の中でのみ使用するなら「テレビチューナー搭載無線LANルーター 」でWifi接続でiPhoneで地デジが家の中ならどこででも楽しめるようになっています。

ピクセラのテレビチューナー「PIX-DT350-PL1」が軽量コンパクト

ピクセラが発売したiOS対応のテレビチューナー。サイズは約36.5W×53.0H×15.4Dmm、質量は約30gとかなりコンパクトです。無くさないように何かケースに入れておいたほうがいいでしょう。

事前に専用アプリをストアからダウンロードします。テレビチューナーを装着すると専用のテレビアプリが起動するので、最初の設定時にチャンネルスキャンを行えば、次からは装着するだけでテレビを視聴できるようになります。チャンネルもメニューから選局するだけなのでとても簡単です。

画質はAndroidと変わらないほどで、iPadでは少し粗めに感じるかもしれません。一方フルセグは高画質ですが視聴できるエリアが限られているため、屋外用と考えたほうがいいかもしれません。Androidのワンセグの用に番組表などは表示されませんが、iPhoneでもテレビを見たいと思う人には一番簡単で取り入れやすい方法です。